オーダー

上型を下型に合わせる際、こじれを防ぐために、指先でロケートピンを探りながら位置合わせをし、ゆっくりと鋳型を降ろして、組み合わせます。 しかし、この作業では職人技が必要で手作業で行っていましたが、体への負担が大きく困っていました。

提案・対応

かつてなら、ラクラクハンドで提案していた作業。 しかし、型の種類が多く重量差もある事から、ハンディーハンドで提案。 ただ、型の嵌め合わせ作業となるので、型の嵌め合わせの精度確認・作業性の確認を一宮工場の展示機で確認して頂く。 その結果、「問題なく作業ができる」と作業者の方の太鼓判を基に、ハンディーハンドを導入して頂く。 導入後も従来の作業性を維持したまま、身体の負荷を低減させる事ができ、作業者の方からは「腰が楽になった」と言って頂けました。

CONTACT USお問い合わせ

MENU